CALLAWAY APPAREL BLOG / Mayuko Hamaguchi

アフターゴルフに行きたいお肉アドレス

Posted 2019.01.22 By Mayuko Hamaguchi

こんにちは!

今回は19番に指名したくなる、食アドレスについて。

ゴルフをすると、夜はやっぱりお肉が食べたい!ってなりませんか?
動いた分だけ、お酒もごはんもより美味しく感じるだけに最高のお店に行きたいし、
しっかり予約しておくのがスマートなFOODIE GOLFER!

アフターゴルフにぴったりな、
お気に入りお肉リストをご紹介します。

____________ 
阿佐ヶ谷の秘境「SATOブリアン」
通称"サトブリ"
https://satobriand.yoyaku.at/

塊.jpg

予約が取りづらいことで有名ですが、
何店舗かあるのとネットで予約できるようになった
みんなで美味しいお肉を存分に食らう!な気分のときに最適。

ゴルフの予定とともに、こちらのコースを予約していたら
一目置かれ喜ばれること間違いなしです。

お通しに、和牛のビーフシチューの洗礼が!
完全に食べる気モードがスイッチオン!

かつさんど.jpgぶりめし.jpg

ボリュームたっぷりシャトーブリアンの"ブリかつ"サンド、
ウニが贅沢にのった"ブリめし"は必食です!


_____________
常連になるべき!渋谷の名店
「炭火焼肉 ゆうじ」
http://yakiniku-yuji.com/index.html

こちらは気取らないモクモク煙系の言わずと知れた名店。

キラキラキレイ系焼肉より、私は断然モクモク派!

コートなどは袋にインするので、匂いもシャットアウト。

ゆうじ.jpgゆうじ2.jpg

ゆうじ3.JPG
煮込み、刺しからはじまり
赤身肉はもちろんですが、ホルモン内臓系ファンには堪らない
フルラインナップで、いつも行列!

予約は基本限られた時間帯だけなのと、日・祝休なので
平日や、土曜18:30~の予約をピンポイントに。
並ぶ覚悟でも行きたい一軒です。

常連さんと行くとスペシャルなコースが食せるので
ぜひ常連さんを探して!
〆のカレー、最中のアイスがこれまた美味しくて、
最後まで心ゆくまでゆうじさんの世界観に浸れます。

____________ 
2~3人ならカウンター焼肉へ!
恵比寿「焼肉おおにし」
http://www.oonishi.tokyo/

ツーサム帰りや人数が少ないときにオススメなのがこちら。
カウンターのみの大阪スタイルのカジュアルな焼肉屋さん。

赤身肉を食べたいときや、ひとりでも食べたいなんてときにも
気負わずに行けるお店です。

おおにし2.JPG

おおにし1.JPG
新鮮なハツ刺しが最高!
赤身セットや特選セットなどは、
いろいろな部位を余すことなく食べられる盛り合わせ。

おおにし3.JPG
なんといってもこちらのいいところは、
ハーフオーダーができること!
お通しのキャベツがおかわり自由!
5時まで営業!
調理台まわりがキレイ!

炭水化物ヌキのヘルシー派にも
ハシゴ的〆焼肉にも最適です。

___________
新宿に鎮座するモツ焼きの老舗
「鳥茂」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13001067/

"鳥"とありながら"鳥"は一切ないという、勘違いしがちなこちらは
モツ焼き、焼とんをいただける、行列の老舗。

鳥茂1.jpg

鳥茂.JPG鳥茂ごはん.jpg
まるごと一頭買いしている新鮮な豚を使った、
串焼きや刺しをはじめ、アレンジされた牛肉もあり、大好きなお店。

電話予約はとてもかかりづらいけれど、
店内が広いので入れる確率も高い!
豚の概念が変わる、並ぶ価値のある味をぜひ。

_____________
お肉&ワイン気分なら迷わず目指したい
外苑前「楽記」
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13158808/

こちらは外苑前の路地にある、ナチュールワインと広東料理が楽しめる
ナチュールワインの巨匠・勝山晋作さんのお店。

楽記1.jpg楽記2.jpg
焼豚、ダック、乳鴨など、炭火窯焼きのお肉盛り合わせは、
外はカリッと中はジューシーな凝縮した旨みに
ゴルフ後の胃袋が喜び止まらないはず!

中華でお肉といえばここを越えるところは今のところないかも!

厳選されたナチュールワインは、
スルスルと飲みやすいし翌日に残りにくいのも嬉しい。

____________
小洒落たビストロでワイワイするなら
東麻布「Craft WINE N」
https://www.facebook.com/craftwinen/

ワイン片手にちょっとオシャレに食べたいアフターゴルフにはこちら!

W1.JPG
パテやリエットなど自家製のシャルキュトリーがとにかく美味しくて
ちょこちょこつまみながら、ワインがすすんじゃいます。

W 2.jpg
ラムが苦手な私も食べられるほどの
ラムチョップは、火入れが絶妙でしっとり病みつきに。

____________ 

そのほか、ステーキ、餃子、焼き鳥、しゃぶしゃぶ...。
お肉アドレスはいろいろ尽きないけれど、
アフターゴルフってやっぱりお肉ですよね!

だれと行くのか、食べたい気分などに合わせて
選んでみてくださいね~。

HAVE A GOOD DAY


« Prev

Next »

RECENT POST
PROFILE

濱口眞夕子MAYUKO HAMAGUCHI

SEASTARS Inc.代表
エディター&ライター
大学卒業後、大手食品会社勤務し、レストランPRなどを経験したのち、2004年よりフリーランスのライターとして活動をはじめる。ファッション誌「CLASSY.」、レストラン誌「東京カレンダー」、ゴルフ誌「Regina」、「EVEN」のほか、web、カタログなどを中心に、主にファッション、食・レストラン、ゴルフ、インタビューなどを担当。ライティングをはじめ、撮影全般のディレクションに携わり、企画立案から、ロケ場所やスタッフのブッキングまで、幅広く手掛ける。スタイリストである妹・濱口沙世子と、SEASTARS Inc.を立ち上げる。
Instagram: @onechama