BEACH HOUSE BLOG / 逗子四人組

ダブルレインボーの言い伝え

Posted 2018.08.20 By 逗子四人組

こんにちわ(^ ^)
笑顔の画家RIEです。

ある日の逗子海岸早朝のbeach houseの空‼︎
600400.jpg

壁画の絵と同じレインボーカラーの虹が出ましたぴかぴか(新しい)
ダブルレインボー(о´∀`о)

二つの虹が同時に現れるダブルレインボーには『卒業』や『祝福』という意味が込められていると言われています。『卒業』の意味は、今まで頑張ってきた"何か"が節目を迎え終わりに近づいていることを暗示しているそうです。
 

また、進むべき道で悩んでいる人には『あなたの信じる道を進んでいくことで、あなたの世界は開けてきますよ〜』というメッセージになるようです。
 

新たなる始まりの幸運を予感する兆しを祝う、『祝福』の意味もあるのですね♪


虹を見つけたら祝福を受けとられてみてください。
121212121212.jpg
 
34343434343434.jpg


季節はだんだん夏から秋に移り変わり陽が落ちるのが早くなってきました。残り少ない夏を楽しみに是非逗子海岸キャロウェイbeach houseに遊びにいらしてくださいね♪


みなさんのもとに、これから益々幸せなことがたくさん訪れますように‼︎そう願っています.。.:*★

78787878787878.jpg

RIE

« Prev

RECENT POST
PROFILE

ウエノ ノゾミ (JOMMY)

この夏、Callaway Beach HouseのアンバサダーとなりましたJOMMYです。アンバサダーって何するの? と、よくわからないまま引き受けてしまいましたが、海をこよなく愛す、鎌倉生まれ、鎌倉育ち典型的なB型、でもロマンティックな部分もある乙女座の海好きオヤジ。SURF & TURFが好きで、暇さえあればゴルフバックとサーフボードをクルマに積んで地方遠征。片手ハンディーを目指し、競技ゴルフにも積極的に参戦中。 2015年に長らく勤めてきた外資系証券会社を退職し、独立・起業。現在、東京世田谷にある和牛専門精肉店『TOKYO COWBOY』を運営(http://www.tokyocowboy.jp)。この夏、Callaway Beach HouseにてTOKYO COWBOYの厳選した和牛でBBQを盛り上げていきたいと思います!

RIE

画家/イラストレーター
好きなこと:旅・愛犬と海のお散歩
1982年大阪府堺市生まれ。
(現在 湘南在住。)
2002年京都嵯峨芸術短期大学陶芸学科卒業。2005年にボルネオ島のある村で、貧しくても感謝を忘れない一人の少女の笑顔と出会い、大切なのは「心の豊かさ』だと気づく。 それ以来、「人の心の豊かさ、温かさを世界中に広げたい』という願いを込めて絵を描き続けている。 2012年ANA創立60周年機体デザインコンテスト大賞を受賞。共著書「愛をうけとった日」(学研)「世界で一番大切なあなたへ」(PHP研究所)など書籍の出版、個展等幅広いジャンルで活躍している。
公式HP:http://www.mongara-art.com/

渡邊 弘一

SAND & ROSE  CEO/ トップスタイリスト
逗子海岸から望む水平線を眺めたり、爽やかな潮風を感じる事のできるサロン "sand&rose"のトップスタイリスト。ヘアサロンに併設したセレクトショップでは、"relax&refresh"をコンセプトに、植物・ファッション・愛犬など幅広い趣味を持つ自身もセレクトに携わり、アパレル・雑貨・家具まで幅広い商品を展開しています。
逗子在住という事もあり逗子の飲食店情報やコアな情報持ち合わせております。

Ryu Ambe

幼い頃から湘南茅ヶ崎で育つ。
トムとジェリーの作者である”ハンナ・バーベラ”のキャラクターに魅了されて、 キャラクターデザイナーとしてのキャリアをスタート。CHILDISH MIND をコンセプトにコミカルやジョークをモチーフとした表現を得意とする。ポップな色合いとオリジナリティ溢れるキャラクターでポスター、絵本、テキスタイル、や壁への落書きアート。
2015年に絵本「あからんくん」(スペースシャワー出版)が正式なデビュー作となるが、本格的に作品の発表活動を始めたのは2016年10月の茅ヶ崎「MARVISTAGARDEN」での個展からとなる。これまでCA4LAやジャーナルスタンダード、BYRD等を始めアパレルや多数のショップとコラボレーションし、帽子、Tシャツ、パーカー、バッグ、時には、街の壁やショップのウィンドウなどを通し作品を発表し続けている。
2017年4月からBSフジTV「ポンキッキーズ」へのイラストの提供を始める。
ライフワークとして、気になる街に住むように旅をし、その街の持つバイブレーションをオリジナル作品「TRIP DIARY ZINE」として発表している。