BEACH HOUSE BLOG / JACK TAKAHASHI

ハワイ・ネイバーアイランドのおススメコースは?

Posted 2018.08.29 By Jack Takahashi

アッロハー!
と、お呼び掛けするのも、今回で最後となります。

ビーチハウスは9月2日まで、まだまだ熱く営業中ですが、この夏お付き合いいただいたこのコラムはコレが最終回。皆さま少しはハワイのゴルフ事情を楽しんでいただけましたでしょうか? なんだか後半はB級グルメの紹介ばかりになっていましたが(笑)。

というわけで、最後は再びゴルフコースの話をしましょうか。当たり前か、そういうコラムだっちゅーの。

でね、ハワイに出かけるとなると、やはりオアフ島でステイの方が多いと思いますが、ゴルフ場の気持ちよさでいうと、実はネイバーアイランドのコースに軍配が上がるかなぁ、と思うのです。もちろんオアフにも素晴らしいコースはたくさんありますが、実は海が身近にあるコースってほとんどないのですよね。

その点、マウイ島、カウアイ島、そしてビッグアイランド(ハワイ島)といったネイバーアイランドには海が絡む&ダイナミックなコースが数多くあります。ゴルフ好きなら、今度はぜひネイバーにも訪れてほしい! とセツに思います。

そんなわけで、数多くあるネイバーアイランドのゴルフコースの中でも、僕が好きな=おススメのコースを二つだけご紹介します。
 

カパルアゴルフ ベイコース(マウイ)/Kapalua golf Bay Course
jjj4.jpg

毎年1月、PGAツアーの優勝者だけが参戦できるトーナメント「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(前のヒュンダイ、もっと前のメルセデスですね)」が開催される会場が、マウイ島のカパルアゴルフです。

ですが、大会はコース内にある二つのコースのもう一つの方、プランテーションコースで開催されております。テレビで見るとかなりエグいコースですが、実際プレーするとコースも広いし、気持ちいい18ホールです(ちょっと激しいホールも少しだけありますが、笑)。


 
jjjj 1.jpg
 
ただし、レコメンドしたいのは有名ではない!? ベイコースの方。海越えのショートがあったり、水平線を眺められる絶景ホールがあったりして、これぞリゾートコースなゴルフが楽しめます。ただし、ホールによっては、ピンポイントにボールを運ばないと大叩きするので、ご注意を。


プリンスビル マカイゴルフクラブ(カウアイ島)/Princeville Makai Golf Club
jjj3.jpg
 
僕がハワイで一難好きなコースかもしれません。カウアイ島の北側にある18ホールです。昔はその隣にプリンスビルコースという全米でも屈指の超悶絶! 難コースがありました。最初に行ったときは、近所のゴルフショップのオヤジに「1ダースはボールを持って行った方がいいぜ!」と言われて、その買ったボールを1ダースすべて失くしたのを覚えいます。
こんな難しいコース、誰がプレーするんだ! と思ってたらホントに潰れちゃいました。


jjj 2.jpg
 
一方のマカイコースは本当にバランスのいいコースです。やはり海越えのショートがある海沿いのハーフと山側の、でも気持ちい景色が続くもうハーフのコンビネーションも最高で、かつアメリカでも有名なゴルフ場整備会社が管理をし始めてから、コースコンビネーションも素晴らしい。

オアフ島ではありそうでない芝から打てる練習場も最高で、一日中ゴルフ漬けになれる環境と気候の気持ちよさに、行くたびにノックアウトさせられます。


機会があればゼヒゼヒ、ネイバーアイランドにも訪れて、ハワイゴルフの奥深さを堪能してくださいませ。

というわけで、このコラムのおしまい。ですが、また近々キャロウェイアパレルファンの皆さまにはお会いできる予感が(意味深!? 笑)。お付き合いいただきまして、ありがとうございましたー!

 

« Prev

RECENT POST
PROFILE

ジャック・タカハシJack Takahashi

ゴルフ雑誌「EVEN」創刊編集長として、ゴルフファションやゴルフ周りのお洒落を展開してきた。
その後、今年3月まではカジュアルファション誌「2nd」の編集長を務め、その誌面でもゴルフの遊び方を提案。
現在はあらゆる趣味を楽しむウェブマガジン「Funmee!!」(https://funmee.jp/)編集長に就任し、その他にも企業からTVまでのコンテンツ編集・制作を担う「JACK LABO」を立ち上げ活躍中。
ただゴルフをすれば、80台もあるが100も普通に打つ、スキあらばラウンドに出掛けたいゴルフバカ。